お知らせ

2014/04/03 ブランド名 雫SHIZUKU について

ほんの小さな気づきから、大きな世界が開かれることもあるし、ほんのちょっとの出来事から何かが始まることもあります。

ブランド名の「しずく」は、したたり落ちる一滴の水。

最初は、その一滴の水だったとしても、そこから大地に染み込み川に溶け込み、海に辿りつく。

最初はほんのわずかな一歩だったかもしれない。だけど、どんな達人もみんな、初めはほんの一歩を勇気を出して踏み出した。

どんなことでもいい。ほんの少しでいい。

夢のために時間を作って、何か行動してみる。ただ、それだけで、あなたは変わり始めます。

あなたの夢を叶えましょう。

この世に同じ人はいません。あなたのパーソナリティは、あなただけ。だから、誰の真似もしなくていいし、あなたは、あなたであればいい。

そんな、当たり前のことに、意外に気付かず、なんとなく誰かと同じ人生を歩いているような自分に気付いちゃったりして、焦ったり、空しくなったり・・・

ほんの一滴から始まるんだ!

そんな思いを込めて、あなたに届けます。


2012/10/09 本真珠なのに安い理由
1.生産者から直接購入
2.スワロフスキーとグラスビーズを使用
3.デザイナー直送

生産者から直接購入

雫SHIZUKUの所在地、愛媛県宇和島市は、世界有数の真珠養殖生産地です。

真珠はアコヤ貝が育てて生まれる宝石。
真珠は海から生まれます。

その真珠を育てているアコヤ貝を養殖している生産者から直接分けていただいています。

で使用している真珠は、バロックといって表面が少し凸凹しています。
真珠というのは真珠核に真珠層を巻いているので光っているのですが、真ん丸で厚く巻いている真珠は高級品でたくさんはありません。
だから高価なのですが、真珠を作る段階で真珠の巻きにむらがあって少し表面が凸凹したり形がゆがんだりします。
また、穴を開けるときに少し割れ目ができたり穴が大きくなったりもします。

そんな、綺麗なんだけど二級品として扱われる真珠には目をつけました。

スワロフスキーとグラスビーズを使用

少々難のある真珠なので、そのまま1個では高級品の真珠に見劣りします。
そこで、キラキラ光るスワロフスキーを使用しました。
スワロフスキーは光を当てると、七色に輝きます。その反射光を真珠に当てると真珠がいっそう輝くとともに、真珠とスワロの輝きで目を奪われて傷の部分も目立たなくなります。

また、繋ぎの部分も穴の部分に銀メッキ加工をしている透明ビーズを使っているので、透明感を残しつつシルバーに輝いて、真珠との統一感をだしながらグラスビーズもキラキラします。

宝石店や一般の真珠加工では金、銀、プラチナなどを多く使用していますが、このビーズを使うことでコストも抑えられるとともに、金属では出しえない輝きを加えることができるのです。

このキラキラが雫SHIZUKUの人気のひとつです。

デザイナー直送

もうひとつのの人気はデザイナーが直接販売に関与していることです。

店舗販売は、宇和島市の2店舗のみ。
ここでは試作品も販売しているので1個しかないレア物があります。

全国の方にの真珠製品を購入していただくためにショッピングサイトを作成しました。
安く販売するためにはインターネットで直販するしかないと思ったからです。
また、メールを通じてデザイナーと直接交渉が出来るので、可能な限りでのオーダーが出来ます。

2009/03/14 使用している素材「スワロフスキー」って何か知ってる?
スワロフスキー(Swarovski)とは
ボヘミアのガラス職人ダニエル・スワロフスキーが 1895年にオーストリアのチロル州ワテンズで創立した歴史あるクリスタルガラス製造会社です。


ここで使用されているスワロフスキー社製のビーズの特徴は、

通常のクリスタルガラスに比べ酸化鉛の含有量比が 最低32%以上と多く、さらに、精密にスペクトルが出るよう計算された高度なカット技術でガラスとは思えないほどの輝きを放ちます。

その輝きと光沢の美しさは世界的に認知され、
アクセサリー素材としてはもちろん、
ベルサイユ宮殿やオペラ劇場のシャンデリアパーツとして使用されていることでも有名です。


このスワロフスキーの透明感のある七色の輝きとと、
淡いミルク色の輝きを放つ本真珠との組み合わせは、

お互いが共に特徴を引き立たせ、抜群の相性だといえます。